読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

うつ病と統合失調症

俺は、職場であらゆる方向から聴こえてくる悪口によって、うつ病になってしまった。聴こえてくる悪口は、上司は幻聴だといわれるが、俺はそうは思わない。

本当に聴こえてきていたし、みんなで言っていたのだ。ここでひとつの仮説が出てきた。もし言われていたとしたら、職場でのイジメの隠蔽の為に幻聴ということにされているのではないか。だとしたら健康だったのに、精神科に連れていかれ、うつ病と診断されて薬漬けにされてしまった。

俺の悪口を言っていた人たちをかばう為にみんながグルになっているのかもしれない。

こんなことばかり考えている。あと、ひょっとしたら、俺が統合失調病にかかってしまったのかもしれない。なぜならば、詳細は割愛するが、処方された薬が統合失調病の人に効く薬だったからだ。体重が増える副作用がある例のアレである。

うつ病と診断されたハズなのに、統合失調病も併発してしまったのかもしれない。俺はこの病気と一生付き合って生きていかなければ、いかないのかと考えるだけで、気力がなくなっていく。