読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

統合失調症

俺は職場での周囲から聴こえてくる悪口に耐えられなくなって、上司に相談したところ、精神科の先生を紹介されて、うつ病と診断された。発症当時は、なにかと暗い気持ちになり生きていくのがツラかったものの、今はだいぶ安定しているほうなのではないだろうか。

俺は、周りの人たちが悪口をいっていたことは、いまだに真実だと思うし、悪口をいっていた人たちは一生、信用することは、できない。

もし、仮に幻聴だった場合、すべては俺の被害妄想だったというコトになる。最近、処方された薬は、統合失調症に対する処方である。俺は統合失調症を併発してしまったのかも知れない。

全ては俺の妄想だったというのだろうか。あの出来事は忘れることができない。そんな思い込みをしている。本当だろうがウソだろうが確かに俺の耳に聴こえていたのだ。悪口を言っていた人たちは許すことはできないし、信用することもない。職場での人間関係は、悪くなるだろうが、そうせざるを得ない。俺は見えない相手と戦っている。
f:id:zaki20100401:20160331210207p:image