読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

私がブログを書く理由

今週のお題「私がブログを書く理由」

いってしまえば、このブログのサブタイトルの通り、ただの闘病記です。うつ病という精神の病気にかかってしまい、それが治る為の精神状況を記録する為にブログを書いています。

日記アプリは数年前から書いているのだが、個人的なことばかり書いている。この日記アプリには、仕事のこととか個人的な人たちとのやりとりを日記にしているので、WEBにだせるものではない。俺のツマラナイ日常が淡々と書いてあるだけのものである。

Day One | A simple and elegant journal for iPhone, iPad, and Mac.

で、日記アプリを個人的に書いていれば、いいじゃないかという声が聞こえてくるのだが、ブログタイトルにあるとおりうつ病になったことをキッカケに自分の体験を公開したくなったのだ。べつに、うつ病を抱えている人の役に立ちたいとか、自分こそがうつ病患者の代表者であるとかいうつもりは毛頭ない。ただひとつのケースとして、何かを残したくなったのだ。うつ病は不治の病ではなく、治る病気なのだ。投薬や休暇によって治る病気と言われている。うつ病心の風邪と言われていると聞いたことがある。風邪と同様、誰しもなることがあり得る病気なのだ。

そんなワケで、自分が病んでしまった体験が他人の役にたつとかそんなことではなく、あくまでひとつのケースとして、残してみたくなったのだ。日記アプリと違い個人が特定できることや出来事にはぼかした表現や、ちょっとしたフェイクを入れたりしている。

まあ、俺とうつ病との備忘録みたいなものです。個人的な出来事や他人との交流は、日記アプリに、病気のことはブログにと、用途を変えて運用している。

うつ病という病気から解放された時に、このブログは書く意味がなくなるので、その時は終わるのかも知れないし、また別の病気にかかってしまったら、またブログを書くかもしれない。まあ、俺の精神状況と体調次第というところかなあ。