読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

幻覚、幻聴、妄想

一昨年の12月頃から去年の2月くらいまで、俺に対しての悪口が聞こえてきていた。内容は、俺が女の子にひどいことをしたということらしい。ひどいこととは、聞こえてくる声に従ってやった行動であるが、ひどいことなどしていない。ましてや周りから、そんなことを言われる筋合いのないことだ。でも、聞こえてくる悪口は、時が経つほど酷くなる一方だった。今までの人生で、ここまで悪口を言われたことはなかったので、耐えられることができなくなり、感情が壊れてしまった。哀しくなり、涙が止まらないという状態になってしまった。絶え間なく悪口が聞こえてくるといった環境に耐えられなかったのだ。

しかし、俺が診断された統合失調症という病は、幻覚、幻聴、妄想が真実のこととして認識してしまい、不安で恐ろしい気分になってしまうものらしい。統合失調症になっていたとしたら、あの恐ろしい出来事は、全て幻だったことになる。幻を見ていたのだろうか、俺は。

今では、悪口は聞こえてこない。周りからの悪口とか悪意のある視線や雰囲気を感じることは、なくなった。なんだったのだろうか、アレは。

アレとは、当時、聞こえてきた俺に対する悪口などである。四六時中聞こえてきたものだった。もはや自分の席にいること自体ができなくなった。統合失調症のせいで聞こえていたとしたら、悩みなどなかったことになる。しかし、俺の脳が悪口を言われていたことを真実のこととして認識している。忘れがたい体験として残っている。この悪口を言われた体験の後遺症に今までも悩まされている。悪口を言っていた人たちとは、まともに喋ることもできない。

もう、どうでもいいのだ。人間関係とか、出世とか。俺にとっては。疲れるよ、もう。なんで、悪口を言われていた職場に行かなくちゃいけないんだよ。(統合失調症のせいで、幻覚、幻聴、妄想のせいかもしれないけれど)悪口を言われていたとしても、言われなかったとしても、あの人たちとは、話すことは、もうないだろう。疲れたのだ、人間関係に。