こころのリハビリ日記

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

昔はよかった

学生時代の友人たちとよく会うのだが、いつも同じ話をしている。昔はよかっただの、今は不満だの。昔の話しかしていない。それでいいんだろうか。過去は優しい。当時はどうだったかはわからないが、美しい思い出として残っている。過去は変えられない。あの頃の友情がいつまでもあるのかどうかはわからない。ただ一つ言えるのは、俺は疲れてしまった。みんな様々なジジョーを抱えている。隣の芝は青いというか、嫉妬心や憎しみみたいなものを感じるようになった。互いに感じる不満みたいなものがあるのだろうか。アイツは〜みたいな。私もその憎しみを向けられることがあった。イヤな思いをした。イヤな思いをした。もう、会いたくない。いちいちカンに触る発言をしてくる。そんなやつと飲みたくない。学生時代は、みんな同じ立場だったから思いやりとかあったのだろうけど、今はそれぞれ社会人としていろいろなジジョーを抱えている。分かり合えないのだ。アイツは正社員だの、アイツは非正規雇用だの。私はどちらかというと恵まれた職場で働いている。残業も殆どない職場で、上司にも恵まれている。職場の人間関係も良好だ。非正規雇用のアイツに言わせれば許せないのだろう。私から言わせればなんで就活で頑張らなかったんだよ。企業研究とかちゃとしろよ!ブラック企業に入ったお前のせいだろ!いちいちなんで、その不満を私にぶつけてくるんだよ!

 

まぁ、要するに昔はよかった。みんな同じ立場で、思いやりがあった。社会人になると正社員だとか、非正規雇用だとか、主婦だとかいろんなジジョーを抱えている。分かり合えないのだ。

 

だから、距離をおこう。昔を思い出しても仕方がない。昔はよかった。正直、学生時代の友人たちと飲んでもストレスが溜まるだけだ。だから10年に一回くらいの頻度で会うくらいでいい気がしてきた。思い出はやさしい。ってファイナルファンタジーⅩのリュックが言ってました。

素敵だね

素敵だね

  • RIKKI
  • サウンドトラック
  • ¥150

思い出はやさしい。でも、今の自分を受け入れてくれる世界ではない。新しい人生を見つけよう。いつまでも過去を引きずっても仕方がない。いつまでも同じ話をしている。決まってイヤな思いをする。だから、もうやめにしよう。過去と決別することにしました。大学時代の友人とは結婚式でもない限り極力合わないことにします。昔はよかったとか、そういう非建設的な話はやめることにします。