うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

仕事初め

年が明けて、初めての会社だ。特に変わった部分はない。エライ人にあけましておめでとうございますとひたすら挨拶するだけで1日が終わった。仕事もほとんどやっていない。あけおめ!ことよろ!っていうので1日が過ぎた。まぁ、そんなんで給料が貰えるのはいいことだ。

 

仕事を1ミリもしてないといえば、そうではない。3ミリくらい仕事した。社内向けの書類のデータ入力をしていた。紙に書いてある数値をエクセルに入力するだけの簡単なお仕事です。こんなんで給料が貰えるのはありがたいことだ。今の仕事につかなかったら何をしていたのだろうか。ビック○メラとかで販売員とかをしていたのかなぁ。自分いうのもアレだけど、サービス業とかは向いていないと思う。コミュ症なのであうあうとした接客になるだろう。で、売り上げのノルマとかプレッシャーとかあるから自分には出来ない。こう考えると社会に必要とされていない。今の会社に拾って貰ったのが奇跡だ。統合失調症という病気への理解もある。今の会社に入社して良かった。心からそう思う。

 

で、3ミリくらいしか仕事をしていないと、冒頭で宣言したが、他に何をやっているかというとネットサーフィンしたりWindows版のkindleを読んでいる。ネットサーフィンは日経電子版の会員なので日本経済新聞のニュースサイトを読んでいる。あとは、各種ニュースサイトやガジェット系のニュースサイトを見ている。kindleは、活字の本を読んでいる。マンガだとサボっているのがバレてしまうからである。一回、上司にパソコンの画面を見られてナニ、コレと危うくサボっているのがバレかけたのだがマンガではなく、活字の本だったので、ナンデモナイデス、という相づちをうつことで何とか難を逃れた。マンガだったら何サボっているんだよと言われるところだった。

 

 

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 

 

俺は毎日何をしてるんだろう。エクセルやPDFのファイルを開いたり、閉じたりしている。こんなんで会社から給料を貰っていいのだろうか。深く考えるのはよそう。とりあえず会社に行きさえすれば給料は貰えるのだ。それでいい。