うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

星野源

最近よく星野源を聴いている。キッカケはテレビで星野源が歌っていたのを見て、いいなアと思ったからだ。たしか「おげんさんといっしよ」という番組だった。NHKでやっていた。

 おげんさんといっしょ - NHK

おかあさんといっしょ」をパロディだろうか。歌ありわらいありの番組だった。すっかり星野源にハマってしまった。役者も歌手もやるという福山雅治みたいな感じの人だと思っていた。しかし、星野源は本も書くのだ。思わず買ってしまった。(まだ読んでないけど)

 

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 
そして生活はつづく (文春文庫)

そして生活はつづく (文春文庫)

 
働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

 そんな星野源なのだけれども、一番いいのはラジオだ。飾りのないトークがいい。YouTubeとかで過去の放送をめっちゃ見てるんだけど、話も面白い。

 

歌もいい。大ヒットした恋とかSUNとか。カラオケでよく歌っている。カラオケといっても、 ヒトカラだけども。星野源の歌は歌いやすい。そんな歌いやすさも大ヒットした要因の一つかもしれない。

恋

 

音楽的にはマイケル・ジャクソンに影響を受けているとのこと。たしかにマイケルっぽい今にもステップを繰り出しそうなイントロにニヤッとする。まぁ、マイケルは映画を見た程度だけど。そんなわけで、星野源を聴きながら、このブログをポチポチとiPhoneで打っている。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。