うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

就職活動の思い出 その1

有効求人倍率がバブル期を超えたそうです。

日本経済新聞

 

わたしが就職活動したのは2009年ごろでした。ちょうどリーマンショックが直撃した頃でした。その頃のニュースといえば年越派遣村とかがニュースになっていて、景気が悪いというニュースばかりが報道されていたような気がします。特にやりたい仕事などなかったわたしは、とりあえず営業を志望していました。大学3年生の1月から三月に大企業の面接がありました。で四月以降に中小企業の採用活動が始まります。大企業の面接には箸にも棒にもかかりませんでした。見た目もぱっとしないので、面接にうかりませんでした。そのくせ、会社を選り好みしていました。会社の雰囲気とかが悪かったりすると、もういいです。と企業見学の時に帰ったりしていました。なんといいますか、ブラック企業なんだろうなあと思って、途中で帰ってきました。選べる立場か!というツッコミがありますが、会社の壁に社長の言葉みたいなのがやたらと貼ってあったりして怖かったです。あと働いている人たちから生気を感じられなかったというのもあります。あの時、もし面接してそのままブラック企業に入社していたらと思うと恐ろしいですね。

 

7月くらいにある商社の最終面接まで進みます。しかし、アウアウとした態度で面接してしまったのでアウトになってしまいました。一週間後、その商社から封筒が届きました。採用通知かなと思ったのですが、履歴書が帰ってきただけでした。不採用でした。初めて会社に不採用にされて泣きました。泣いたショックで友達に電話しました。当時、お台場にガンダムが立っていたのでそれを見に行こうと誘ったのでした。ちょうどコミケもやっていました。初めてコミケに行きました。なんかいろいろあって楽しかったです。コミケコミケで楽しんだし、ガンダムも観れたので満足でした。で、また一から就職活動を頑張るかと思ったのでした。つづく。

 

お読み頂いてありがとうございました。