うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

酒を飲めないと人生の半分損しているというけど

わたしは酒が飲めない。統合失調症の薬との飲み合わせがよくないからだ。薬局でもらう薬の説明書にも酒は飲んではいけないと書いてある。こうなる前、酒は嫌いではなかった。むしろ好きだった。しかし、今ではキッパリとやめることができた。昔は朝から居酒屋に行くみたいなバカなことをしていた。一人で。今思うと本当にバカだ。

 

今は全く酒を飲んでいない。酒を飲んでも良いことなどない。もはや酒を飲んでも美味しいとは思わなくなった。

 

アルコールをやめるのは簡単だった。いつも晩酌としていたビールをノンアルコールビールに切り替えたのだ。それだけで酒がやめられた。会社の飲み会も参加しない。 いつだって酒で失敗してきた。わたしは酒グセが悪い。言わなくて良いこと言ってしまいヒンシュクを買うこともあった。しかし、今では何の心配もない。

 

飲みニケーションというものがある。わたしに言わせれば古い文化だと思う。酒が入るとどうしても普段言いにくい小言を言いがちになる。そんなものはわたしに言わせればパワハラと変わらない。もし、上の立場こそ、そういう気遣いが必要だと思う。わたしが上の立場になったら飲みニケーションなんかしない。後輩には、もっと自分の時間を大事にしてほしい。会社の人と飲むということは、仕事の延長線上にある。無礼講なんてものは存在しない。いつだって立場というものに気を使う必要がある。そんな飲み会なんて楽しくない。

 

酒が飲めないと人生の半分損しているというけれど、そんなことはない。酒が入ったコミュニケーションのどこがいいのか。酒なんか飲まなくても、十分に人生は楽しい。酒を飲まないからと言って、人生を損しているわけではない。