うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

会社をサボる

今日は、普通に会社にいったのだが、上司にイヤミを言われてやる気をなくした。自分の席でボロボロ泣いていた。なんでこんなことを言われなくてはならないんだろうかと思って泣いていた。涙が止まらなかった。もうダメだと思って会社を早退した。早く家に帰っても家族から何かをいわれるじゃないかと思ったので何か時間つぶしをしなくてはと思った。よし、映画を見よう。気になる映画はいくつかある。銀魂ポケットモンスターを見ようと思った。時間的に銀魂の開始時間がちょうど良かった。銀魂を見ることにした。時間がつぶせればなんでもよかった。会社でイヤなことがあっても映画を観ればその時間は、イヤなことは忘れられる。今よりも若い頃は映画館でみる良さとかわからなかった。でも映画館で見る良さは、なんとなくわかってきた。洋画よりも邦画がいい。洋画だと字幕ばかり目で追ってしまって内容が入ってこないことがある。(個人の感想です)邦画だと内容がスッと入ってくる。

 

で、肝心の感想は、面白かったです。マンガもアニメも見ていたのであらすじはだいたいわかっていたのだけれども。実写版の見どころは殺陣シーンですかね。迫力のある殺陣でした。ジャンルとしてはコメディ映画なのでギャグもてんこもりでした。思わずふっと笑ってしまうシーンもあれば、スベっているなというシーンもあった。ムロツヨシがいい味を出していた。

 

そんなこんなで、テンポもよく時間が短く感じられる映画でした。それだけ面白い映画だったのかも。映画はいいなあ。イヤなことがあってもスクリーンを見ているあいだひイヤなことを忘れることができる。会社でイヤなことがあったら映画をみて忘れよう。