こころのリハビリ日記

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

経過報告

今日は仕事でやることがあります。やることがあるとあっという間に時間は過ぎていきます。ありがたいことですね。今日は上司が外出でいません。のびのびと仕事ができます。体調はいいです。幻聴は聞こえてきません。

 

でもひょっとしたら自分のことが言われているのかもと邪推して、周りが気になることがあります。周りの人の目というものは気になります。私は仕事ができません。薬のせいなのか自分自身の能力の問題なのかはわかりませんが、周りに比べて仕事がありません。

 

そんな自分が情けなくなってしまい、涙が出てくることがあります。こんなはずじゃなかった。もっと仕事ができているはずだった。一部の人は自分の病気のことを理解してくれているが、理解のない人もいる。薬や病気のせいだといってもわかってくれない。実際は薬のせいかはわかりませんが、昔に比べると頭の回転は鈍くなりました。昔出来ていたことが今ではできなくなりました。

 

だから、なんとか取り戻さなくてはいけません。私は優秀ではありませんが、せめて普通になりたいです。どんな仕事をすれば認められるか分からないけど、与えられた仕事を丁寧にこなしていきます。そうすれば、いつかきっと分かってくれるはずです。みんなにわかってもうらう必要はありません。私が大切だと思う人たちにわかってもらえればいいです。