こころのリハビリ日記

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

働かない人たち

やっとお昼になりました。3連休まであと5時間。もちろん残業はしません。上司はいるのですが、仕事は頼まれません。自分のペースでゆっくり仕事ができています。最近は仕事を頑張ろうって思うようになりました。ちいさなことからコツコツと頑張ります。

 

今日は病院があります。毎回、同じことを言っています。仕事がうまくいっていない。笑われている気がする。コソコソ声が聞こえるとか。薬代もばかになりません。ジェネリックがない薬なので、まあまあします。でも、以前に比べると生きやすくはなっています。昔は、周りから嫌われていてどうしようと考えてしまい、会社に行けなくなってしまいました。今では周りをきにすることなく会社に行くことができています。

 

周りを気にせず、仕事に集中することができています。最近は仕事もあまりサボらずにできています。まあ、それが普通なんですけどね。ちょっと前は、仕事をサボることばかり考えていましたが、それじゃあ、いつまでたっても子供のままだと思ったからです。下記の漫画、面白いですよ。さぼるサラリーマンあるあるが多くて。サレンダー橋本先生の本です。

www.shogakukan.co.jp

 

やはり、仕事をしてこそ社会人だと思うわけです。デキる人になるのは不可能でも、ある程度、仕事をこなせるようになりたいです。またイチからやり直すつもりで仕事をします。まだ31歳だ。やり直しはきくはずだ。40歳になっても今のままじゃあダメだ。ちゃんとした40歳になりたいです。