こころのリハビリ日記

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

イージーに生きていきたい

仕事はできるだけ手を抜いている。できる限りならイージーに生きていきたい。学生時代の勉強もそうだった。マンガでわかる科目しかやってこなかった。歴史とか。仕事もあまり本気でやっていない。だからよく注意される。その注意も最近はつらい。上司から注意というか劇詰めされるのだけれも、精神的にとてもつらい。会社を辞めたくなるくらいつらい。当たり前だが会社を辞めたら給料が手に入らない。いや失業保険はあるけど期限がある。


ものすごい単純な理由だけど、上司と合わないから仕事を辞めたい。でも辞めたところで何のスキルもない私を雇ってくれる会社もたぶんない。今の会社にしがみつくしかないと思われる。東京でサラリーマンをやっているけどどんどん消耗していく。仕事は楽しくないし、上司から詰められる毎日。嫌になる。はあああ(;´Д`)ああああッ!


学生時代の後輩とたまに飲んでいる。二人の後輩と飲んでいる。二人とも地方に移住したいと言っていた。四国や九州で暮らしたいらしい。私も移住したいと少し思った。行くんだったら長崎に行きたい。ちゃんぽん、皿うどんとか美味しいものでいっぱいだ。とくに好きなのが、豚の角煮まんじゅうだ。あれは美味しい!長崎は高校生の頃、修学旅行で行った。それが印象に残っている。有楽町にある交通会館の2回にある移住の相談センターみたいなところがあるとNHKの72時間というテレビで知った。仕事が嫌になったら行ってみよう。私には嫁もいないし、子供もいない。自由気ままに行きたいところで生きていく。