読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

東京

今は統合失調症の症状はほとんどない。しかし、たまにおかしくなることがある。焦燥感みたいなものを感じることがある。悪口とかも聞こえてこなくなった。環境が変わったからかもしれない。前は違う場所で働いていたのだが、今年の4月から東京で働いている。前の場所は北関東にあり、神奈川に住んでいる私にとっては毎日の通勤が辛かった。通勤に2時間もかかっていた。始発でいって終点で降りるということをやっていた。終点でお尻がいたくて仕方がなかった。今年の4月から東京になった。北関東の頃は、通勤中に統合失調症だった頃の記憶がフラッシュバックして、会社に行かなくなることがあった。記憶は、周りから悪口を言われていた頃の記憶である。みんなから嫌われていると思い込んでいたので、他者とのコミュニケーションがとれなかった。挨拶するのもできなかった。悪口を言われる気がしたから。

 

職場が東京になってから悪口が聞こえなくなった。陰口は知らないけど。東京になって変わったことは、①通勤時間が半分になった。②会社が東京なので帰りに寄り道することができるようになった。③キレイなオフィスになった。まぁおおまかにいうとこんなところかなあ。兎に角、東京になってから調子は良くなってきている。

 

東京には楽しいところがたくさんある。最近はブックカフェ巡りをしている。買った本と美味しいコーヒーがあれば何にもいらない。こないだ、あるブックカフェにいったら、キレイなお姉さんがビールを飲みながら本を読んでいた。かっこいいな、と思ったのだが、私は服用している薬とアルコールは相性が悪いので、ビールを頼むのはやめた次第です。いつか病気がなおったらビールを飲みながら本を読みたい。

 

今日はどこに寄り道をしようか。東京には、楽しい場所がたくさんある。友達や恋人がいなくたってひとりで楽しめる。そんなことを考えている。

転職活動

今日は昨日と比べるとだいぶ楽だ。資料の印刷を頼まれたり、資料データの整理を頼まれている。昨日はなんだったのだろうか。めちゃくちゃ働いていた。仕事は楽な方がいい。できればイージーに生きていきたい。今の会社はどちらかと言えばゆるい会社なので助かっている。どの辺がゆるいのかというと、休暇がとりやすいのと、遅刻、早退といったことにも理由があれば寛容なところだ。当然のことながら休暇、遅刻早退すると給料は減るけど。どちらかというと今の職場はホワイト企業なので、ワークライフバランスはとれている会社だと思う。

 

転職を考えたことがある。2年前に統合失調症を発症したころだ。周囲から幻聴が聞こえてきて、会社のみんなから嫌われていると思い込んで転職を検討した。リクナビとかマイナビを利用した。人間関係がいやで転職しようかと思った。幻聴の悪口を信じ込んでいた。で、リクナビとかマイナビではロクな求人がなかった。世の中の末端みたいな求人しかなかった。いわゆるブラック企業みたいのが多かった。スカウトという制度もあるみたいだが、ブラック企業しかスカウトしてくれなかった。ブラック企業しか求人がないのは、べつにリクナビとかマイナビのせいではなくて、私のスペックが悪いからだ。もっといい大学に入っていないと転職は上手くいかないのかもしれない。

 

それからしばらくして、転職サイトを見なくなり、俺の転職活動は終わった。結局、今の会社のままでいることがベストだということがわかった。転職は簡単なことではない。勢いに任せて転職活動をしていたら、ひょっとしたらブラック企業に入っていたのかもしれない。一番の懸念事項だった人間関係だが、病気の治療によって解決した。周囲から嫌われていてどうしょうかとひどく悩んでいたが、病気によるものだということがわかってきた。

 

時間が解決することもあるのだ。あるがままに。なるようになるさ。

仕事がいっぱい

今、とっても忙しい。やっと昼休みだ。仕事がいっぱいだ。ひとつ仕事を終わらせてもまたひとつ仕事が頼まれる。病気になって簡単な仕事ばかり頼まれていたのだが、ここへ来て一気に忙しさのレベルが上がった気がする。まるで普通の社員と同じように仕事をしている。まぁ普通の社員なんだけど。なんだろう、この会社ってこんなに仕事があったっけ。次から次へ仕事が舞い込んでくる(;´д`)疲れた。働きたくない。でも働くのをやめてしまうと収入がなくなってしまうので、今はやめておきます。

 

どんな仕事をしているかというと、ひたすら書類を作っている。こんな書類など誰がみるのだろうか。書類ばかりを作っていると、ふとこんなことを思ってしまう。ひょっとしたら誰の目にもとまらない書類を作っている俺はなんなんだろう。でもまぁ、給料の為だ。仕方がない。

 

仕事が任されるということは、病気が治ってきたと思われているのかもしれない。精神病は、見た目じゃわからないから、なかなか理解されずらい。自分の感覚としては、まだまだ治っていない。周りのことが気になって仕方がないことがある。昔と比べると良くはなっているのだが…

 

甘えていると言えば甘えている。でも、仕事なんて楽な方がいいじゃないか。仕事が楽しいという感覚はない。新入社員だった頃は、仕事が上手くいくと嬉しいという気持ちがあったのだけれども。

 

今が頑張り時なのかもしれない。今の仕事をこなすことで、今後が楽になるのかもしれない。というわけで、午後も仕事を頑張ります。

ノンアルコール

ノンアルコールワインを買ってみた。正確に言うとワインではなくノンアルコールシードルである。シードルというのは、りんご酒のことだ。ノンアルコールのりんご酒ってただのリンゴジュースじゃんと思ったそこのあなた、正解です。三ツ矢サイダーのりんご味って感じでした。アルコールも入っていないのでグビグビ飲んでしまいました。この飲み物を買うときにお店のソムリエっぽい方にオススメの肴をレコメンドされました。ブルーチーズをレコメンドされました。このブルーチーズなんですが美味しいか美味しくないかというと、非常に評価に困る逸材でありまして、好きな人は好きな味なんだろうな〜という感じがしました。私にとってはあんまり美味しくありませんでした。おとなしくデパ地下で生ハムを買っておけばよかった…

 

で、このノンアルコールワイン(シードル)は一時間もたたないウチに一本あけてしまった。ただのリンゴジュースだったので、グイグイ飲めた。でもまたコレを買うかと問われば、微妙である。だってただのリンゴジュースだから。

 

早く統合失調症がよくなってお酒が少しは飲めるようになりたいです。統合失調症になる前は、ウイスキーやワインを飲みながらギターを弾いたり、歌を歌ったりしているとストレスの発散になりました。お酒は嗜む程度くらいでいいと思う。この間、会社の飲み会で酔っ払ったおっさんたちをみて、「ああはなりたくないな」と思ったからだ。本人たちは楽しそうにして何よりだが、シラフのコッチからしたらみっともねえなーと思ってしまう。いい年したおっさんがしょうもないことで盛り上がっている。酔っ払った人たちは、悪口などをいって人を傷つけるが、酔っ払っていたといことですませれることではない。酔っ払っていたからといって人を傷つけていいはずない。自戒を込めていうが…

 

余談ですが、統合失調症になってから酒もほとんど飲まなくなりました。結婚式や会社の飲み会とかでは、一杯目の乾杯で、仕方がなく飲むけどソレ以外では一切飲んでいない。会社の飲み会とかもほとんど断っている。統合失調症なので酒が飲めないといえば、許してくれる。酒を飲まなくたってなんとかなるものである。

 

いつから酒を飲むようになったのだろう。いつからビールが美味しくなたのだろう。子供のころ両親が飲んでいたビールを飲んでも美味しいとは思わなかった。本格的に飲み始めたのは大学生になってからだ。(20未満の飲酒は禁止されています)飲み会が楽しいと初めてわかった。同級生、先輩、後輩とかと飲むお酒は美味しかった。で、社会人になった。先輩社員と飲むことが1週間に1回はあった。毎週のように飲んでいた。家でも毎日飲んでいた。ビール、ワイン、ウイスキーとかを毎日飲んでいた。健康診断にも引っかかるくらい飲んでいた。で、そうこうしていたら統合失調症になっていた。それからはお酒をほとんど飲まなくなった。そのおかげで、健康になったのだが。

 

まあ、人とコミュニケーションの一種で、飲む機会があったら、最初の一杯だけのんで、あとはオレンジジュースを飲んでいる。オレンジジュースじゃねーか!とツッコまれたらスクリュードライバーです。と答えるようにしている。

SOY JOY

最近の昼ごはんはSOYJOYばかり食べている。ダイエットの為だ。なぜダイエットしているかというと、来週に同窓会があるからだ。少しでも昔の面影を思い出してほしいという思いからダイエットをしている。中学生の頃はソフトテニス部に入っていた。あんまり上手くなかったのでいつも一回戦で敗退していた。しかし、ランニングなどの各種トレーニングをしていたので、太ってはいなかった。痩せていたかというと、そうではない中肉中背であった。太っていたわけではないが、痩せていたわけでもない。

 

 

SOYJOYは美味しいか美味しくないか?と問われれば、別に美味しくはない。体にやさしいカロリーメイトみたいなものだ。SOYJOYが美味しいかどうか。好きな食べ物はなんですか?と問われて「SOYJOYです!!」なんていうやつなんていない。おそらくそんな程度のものだと思われる。ダイエットの為にしぶしぶ飲んでいるという人たちが食べるものではないだろうか。あ、ちなみに好きな味はストロベリーです。どうでもいいけど。

 

でも効果は確実にでていて、ここ1週間で500gくらい痩せた。同窓会まであと1週間をきった。なんとか少しでも昔に近い体型で迎えたい。

ちなみに同窓会の出席者リストをLINEのスケジュールで確認すると30人くらいしか参加するになっていなかった。一番仲の良かったヤツも参加するになっていなかった。どうしよう、いくのやめようかな。でも高校生の頃に同じ高校に通っていたヤツから「参加できる?」と何年振りかにほとんど使うことのない携帯のキャリアメールに受信されたので、いかないと悪いなあ。

 

そんなわけで同窓会に行くことに迷っている。中学生のころは友達がいたような気がするが、いまだに付き合っているやつなどいない。同窓会には好きだったあの子もどうせこない。でもメールをくれたヤツに悪いので行くことにします。参加費が7000円とチト高いなあと思わないでもないが、それはそれで貴重な体験ができるかもしれない。

 

時の流れ

仕事はなるべならしたくない。働きたくない。でも働かなくては、お金は貰えない。年老いた両親から金の無心をされるようになった。俺もあんまりお金がないなかお金を払っている。かなしいことだ。

 

仕事は主にExcelを開いたり閉じたりしている。こう聞くと遊んでじゃねーという声が聞こえてきますが、違います!遊んでなどないのです。ちゃんとデータ入力していますって。紙やPDFの数値をExcelにデータ入力することが主な俺の仕事だ。

 

難しいことはよくわからないけど、頑張っています。もう今の会社に新卒で入社して、8年目になる。気がついたら2017年になっていた。俺は2006~2008年くらいから時が止まっている気がする。一番楽しかった大学時代の時から変わっていない。かけがえのない友達、先輩、後輩とかがいた。いまでは、二、三人くらいしか会う人はいない。みんな結婚したり、子供が生まれたりして大変なのだ。俺に構っている暇などない。俺もいつか彼女が出来たり、結婚したり、子供が生まれたりするのだろうか。そんな将来が想像できない。もう三十代なのだけれども、体重管理と髪の手入れをしていれば、チャンスはあると思う。なので、体調管理はバッチリしていきたいと思います。

ヤクルト

会社にはいろんな人たちがいろんなものを売りに来る。保険屋さん、弁当屋さん、ヤクルト。ん、ヤクルトってなんだ!!というツッコミがネット越しに聞こえてきますが、説明しますと、ヤクルトレディみたいな方が、ヤクルトを売りに来る。(そのままじゃねーか!!!)身体によさそうな各種ヤクルト製品を売っています。いつもは買わないのだけれども、今日はこうしてブログのネタにしたので、買うことにする。

 

ヤクルトってまがいもの(類似品)とかが多い気がする。デカビタCみたいに。パクリ商品が横行している。あのセ〇ンアンドアイのイトー〇ーカドーでさえヤクルトっぽい商品を売っていた。ヤクルトの三割くらい安かったので、いつもイトー〇ーカドーのぱくりヤクルトを買っていた。味のほうはというと、ヤクルトっぽい味としか言えない。オリジナルが100%ヤクルトだとすると、70%ヤクルトみたいな味みたいな感じだ。ちょっと薄いくらいかな。でもまあ、ほぼヤクルトです。ビフィズス菌があって体にいいのは、ヤクルトっぽい飲料はだいたいうたっています。

 

余談なんだけど、カルピスってパクリ商品(類似品)をほとんど見ない気がする。ライセンス管理とか商標とか厳しくやっているんだろうな。どうでもいいけど。そういうパクリというかインスパイア系の商品って思わずニヤリとしてしまいます。どういうフローでそういう商品が生まれたのだろうか。会議とかで、「今〇〇が流行っています。わが社でもこのビッグウエーブに乗らないといけません」「そこでわが社では〇〇を参考にした△△を発売します。」みたいなことをいっているのだろうか。そんなほほえましい会議が日本のどこかで行われていると思うと、胸の中がアツくなりますね。おれもそんなふざけいていて、まじめな会議があったら参加したい。仕事は楽しくやろう。そんなわけで今日も仕事を頑張っている。

 

本日もお読みいただいてありがとうございました。