うつ病、統合失調症と診断されてから職場に復帰するまで

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

経過報告

最近は会社に遅刻も早退もせず会社に行けている。幻聴も聞こえてこない。会社の人たちの声で幻聴が聞こえてきた。もはや幻聴だったのか本当に言われていたのかわからない。どっちでもいい。会社の人間関係はある程度割り切って付き合っていくことにした。飲み会とかも必要最低限なものしか参加しなくなった。飲み会に参加してもノンアルコールしか飲まない。酒に飲まれることもなくなった。それでいいと思っている。自分の時間を大切にしていきたい。

 

薬は一生飲み続けなければいけないのかもしれかい。そういう意味では一生つきあっていかなければならない病気だ。もちろん、薬に依存してしまうのもよくないことだと思っている。主治医の先生とは、よくなってきたら薬を減らしていこうという話もしてある。

 

ただの持病のひとつだと思えばいい。例えば腰痛の人がずっと腰が痛いのかといえばそうではない。病院で治療して、腰痛を抑えている。それと同じで、病院で治療していれば普通の人と変わらない生活ができる。そんな感じでこの病気とうまくつきあっていく。

 

 

 

広告を非表示にする