こころのリハビリ日記

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

経過報告

昨日は少し夜更かしした。なので朝少し遅くなってしまった。でも電車には座れたので結果オーライ。もう少し家をゆっくりでても間に合うな。まあ、余裕があったほうがいいので出る時間はとりあえずこのままにします。

 

今日のランチは焼きそば、コロッケ、半ライス、味噌汁。実は今日朝ごはんをコンビニで買って自席で食べていました。就業時間前に。森永キャラメルのバームクーヘンとチョコクレープ。朝ごはんっていうか朝スイーツ。朝はとにかくカロリーを消費するので太らないっしょ!☜というわけで今日は少し食べてしまいました。でも昼になったらバッチリとお腹は空いたのでカロリーは消費したのではないでしょうか。寝る前に食べるのがよくないとされていので、朝早く食べればカロリーが相殺されるのではないでしょうか。※個人の感想です。

 

今日も午前中だけ頑張って後は半休とろうと思って会社に出てきました。つらいので早く帰りたい。課長はやさしいから多分、許してくれるけど有給が減るという現実があるので、休まなかった。マジの体調不良があったら給料が減りますんで…。

 

もうコロナ休暇とかなくなりました。わたしは1週間休みました。苦しかったけど、もう二度とかかりたくないです。療養中はずっとアニメを見てました。シュタインズゲートをみてました。もう10年以上前の作品です。

 

病気について。幻覚や幻聴といったわかりやすい症状はない。声が聞こえることもない。あの時は地獄だったな。いつでもどこでも悪口が聞こえてきた。昔の事を思い出したらやる気がなくなりました。今日は省エネモードで働きます。手帳に書いたことしかやりません。あと人から頼まれごととか。もうわかりやすい症状はほとんど経験してません。もう8年も前の出来事です。このブログに何度も同じ事を書いてる。擦り切れるほど書いてる。記憶が。あの出来事の解像度もどんどん粗くなって本当にあった出来事なのか、自分にもわからない。ただひとつ言えるのは、ある人をとても傷つけてしまった。それが唯一の後悔。もう会うこともないと思うけど。

 

病気がひどかった頃、謝らすとか許さないとかタヒねとか言われた。今でもその人たちはいる。怖くてはなしかけることができない。それは事実としてわたしの脳は認識している。本当にあった体験だと思っている。私の脳は。

 

近くにいた人たちに聞くと誰もそんなことを言っていないと口々に言ったけれど、それは悪口を言っている人たちを庇っているからだと信じ込んでいた。繰り返しになるけど、本当に起こったことなのか私の脳が勝手に認識した現実なのかもはやわからない。