こころのリハビリ日記

精神病とのちょっとした闘病記みたいなものです。

愛が呼ぶほうへ

昨日の誕生日でサプライズがありました。入院していた母親が家に帰ってきたのです。ケーキを持って。もう33歳なのにチョコレートのバーでお誕生日おめでとうと名前を書かれてました。もうこの歳なので祝われることはないだろうと思っていたのですが、びっくりしました。いくつになっても嬉しいものですね。

 

ちゃんとロウソクに火をつけてハッピーバースデーを歌ってロウソクの火を吹き消しました。こんなにちゃんと祝われたのはいつくらいだろう。もう何十年も祝われてない。でも嬉しいものですよね。母親も一時どうなるかわからなかったのですが、回復の兆しが見えてきました。興奮して叫ぶこともなくなりました。

 

母親が鶏のから揚げを作ってくれました。私の好物を覚えていたようです。中学生の頃、お弁当にから揚げとおにぎりがあれば最高でした。それとダカラを飲んでいました。母親は料理をしばらくしていなかったので少し硬かったです。まあ、ベビースターラーメンみたいで美味しかったです。一皿全部食べました。

 

やはり薬を飲まないとおかしくなってしまう。勝手に薬を辞めたらまたおかしくなるような気がする。あとインターネットはすべて使えなくしました。かつて母親はインターネットでネトウヨ記事を見ておかしくなっていきました。すぐに〇〇だとか決めつけて話をしようとしませんでした。今では話を聞いてくれます。iPadも隠しました。ニンテンドースイッチだけを許可しました。これでおかしくなることはなくなると思いますが…。あとラジオを聴いてくれればいいのですが。iPadが見たいと言われてもラジオをあげます。情報収集はラジオで十分です。一応メディアだし、ひどいフェイクニュースやデマも無いし…。ネットニュースはフェイクニュースやデマ、ヘイトにあふれている。

 

母親は白内障も患っていて、このままだと目が見えなくなってしまいます。はやく手術を受けさせてあげたいです。このままだじゃかわいそうです。孫の顔もみれなくなります。それはあんまりだと思います。

youtu.be

母親は治ったのだろうか。よくわからない。iPadは禁止したらどこから情報収集すればいいのと言われた。産経新聞を見たいと言い出した。若干右寄りの新聞社なので不安である。まあ、それはそれとしてまた今度考えようという話にした。

 

昨日はから揚げ、ケーキを食べたり、ワインを飲んだので胃がむかむかした。ソルマックを飲んで回復した。医薬品で本当に治るんだと思いました。家ではサンドイッチを作ってくれましたが、手をつけませんでした。コンビニでおにぎり二個を買いました。ひとつは朝ごはん、もうひとつは昼ごはん用です。まあ、ほとんど動かない仕事なので腹もあまり減りません。

 

母親は今週の金曜日で退院します。ケーキでも買ってみようかと思います。やっと元に戻ったんだ。やさしかったお母さんが帰ってきたんだ。もう、彼女もいらない。年老いた両親と生きていく。あと30年くらいは生きていてほしい。失われた時間を取り戻す。車だって買った。どこへでも行ける。